ますまる日記【越中八尾曳山祭】

0429

まいどはや~

5月3日に越中八尾曳山祭があるがやちゃ。

江戸時代には富山藩の御納戸所として栄華を極めた町人文化の象徴であった曳山神事は、

今もなお伝承されているがよ~。

三味線、笛、太鼓の奏でる古式ゆかしい典雅な曳山囃子につれて、凛々しい若者達が揃いの法被姿で曳く六本の曳山!

夜ともなれば、1,000余の灯がともる堤灯山車となり、夜景に浮きあがるように照らされて坂の町を練り歩くよ。

その光景はあたかも不夜城のごとく豪華の一語につき、最高潮に達して夜更けまで繰りひろげられるがよ。

ぜひ、家族や友人と越中八尾曳山祭に行ってみよう!!