ますまる日記【オイボ】

OIBO

まいどはや~

オイラ、今日お客様から幻の魚『オイボ』について教えてもらったがやちゃ。

正式和名「イシナギ」っていうお魚らしいがやけど、『オイボ』は富山県朝日町地方の言葉で「大魚」を意味するがやと。その意味のとおり、大きなもので体長2メートル・100キロ以上もあるがやと!

富山と新潟の県境にある宮崎海岸(ヒスイ海岸)の沖で稀に獲れる魚で、深さ400~500メートルに生息しっとって産卵期に浅瀬にあがってくるがやと。

富山県では身よりも、ゼラチン質の多い皮を珍重するがやと。酢味噌で和えて食べるとまんで美味しいがやと~!

お客様曰く、味はカワハギを甘くしたような感じやと・・・美味しそうやちゃ・・・。

お魚大好きなオイラやけど、富山県に住んでいながら初めてこの名前を知ったがやちゃ。。

是非とも食べてみたいちゃ~~!