ますまる日記【冬の野の味覚】

冬の味覚

まいどはや~

 

富山は今日も大変な大雪!

本当にたくさんふっていて、おいらもびっくりながよ!

みんな事故に遭わないよう、通勤など、十分気をつけてね~

 

こんな寒い冬は、お家からなかなか出たくないと思うがだけど

今では、スーパーへ行くと年がら年中、いろいろな野菜が
出回っているね~

 

かつては、冬になるとどこの家庭でも雪むろをつくって野菜を
貯蔵していたがよ。
雪が降る前に野菜を砂に埋めたり、畑の中で土をかぶせて貯蔵するが。
雪むろの室内は一日中0℃、湿度100%で、生野菜をそのまま
貯蔵するには、理想的な環境なが。
雪むろに入れた野菜は、空気中から水分を取り込んでみずみずしく、
細胞液の濃度を濃くして、甘くなるがだって!
昔から伝わる雪貯蔵の知恵は、すごいね~
春に芽を出す草木も、天然の雪むろで守られているんやね☆

 

他にも富山には、鱈汁(たらじる)・かぶら寿司・ぶり大根等
冬ならではの美味しい料理が、たくさんあるがよ~

 

ますのすしも、元々は魚を長期保存するために考えられたがやちゃ。
先人の知恵を現在に生かし、これからも伝統を伝えていくため
おいら頑張っていくちゃ~
県外の方も、冬の富山県に、ぜひ一度は遊びに来てね(^○^)
まっとっちゃ~