ますまる日記【飛騨古川三寺まいり】

飛騨古川

まいどはや~

 

毎年1月15日に行われる、飛騨古川に200年以上も伝わる伝統行事

「三寺まいり」。

浄土真宗の宗祖・親鸞聖人の御遺徳を偲んで、町内の三つのお寺に

人々が詣でたことが「三寺まいり」のはじまりと言われているそう。

現在では「縁結びのおまいり」として知られるようになり、恋愛成就を

祈りながらおまいりをする、飛騨古川の冬の風物詩となっているよ~

 

地元の人だけでなく観光客の方も気軽に参加することができるが。

一年に一度のこの伝統行事には、着物で参加するのがおすすめ☆

「飛騨古川着物ウォーク」を利用すれば、着物はもちろん肌襦袢や足袋、

羽織まで一式をレンタルし、着付けまでしてもらうことがでるがやって。

また、着物姿の方にはプレゼントなどがもらえる企画もあるみたいやよ~

 

無事におまいりを済ませたら、この日だけ開催される「門前市」へ。

飛騨牛専門店の牛もつ煮込みや、飛騨牛串焼き、イワナの塩焼き、

五平餅のなど、飛騨の和グルメを味わえるよ~

中でも、この日にしか作られない「酒蒸しまんじゅう」は大人気らしいが!

まとめ買いをする人もおるがだって。おいらも食べてみたいちゃ~

 

ますのすしミュージアムにも、飛騨のお土産コーナーがあるがよ!

飛騨のお酒や、朴葉味噌、和牛しぐれ等、いろいろな商品があるよ。

お近くに来られた際には、ぜひ寄ってみてね♪

 

だけど北陸は先日から、大変な大雪!!

外出の際は、足元に十分気をつけて、お出かけ下さいね~