ますまる日記【世界遺産相倉合掌造り集落ライトアップ】

五箇山

まいどはや~

 

9月14日~18日、富山県南砺市にある、山間の懐かしい景観が

受け継がれている世界遺産の五箇山「相倉合掌造り集落」で、

稲穂ハサ掛けライトアップが行われるよ!

 

五箇山は、庄川の川面からやや離れた段丘上の、細長い台地に広がる集落。

戸数27戸のうち、20戸が合掌造り家屋であり、その多くは江戸時代末期から

明治時代にかけて建てられたものなが。

最も古いものは17世紀に建てられたものと推測されておるがやちゃ。

 

この合掌造り家屋をはじめ、寺院や神社、土蔵、板倉などの伝統的な建物、

屋根葺きに必要な茅を取る茅場、集落を雪崩から守る雪持林などが史跡として

大切に保存されているよ~

 

昔ながらの景観が維持されているため、集落内は非日常的な空間。

懐しく美しい風景に、心癒されること間違いなし!

 

期間中の15日から17日には、各日19:30から、

各民謡保存会による五箇山の民謡ライブも催されるみたいなが。

 

初秋の合掌集落の幻想的な風景、ぜひ楽しんできてみてね~